メンズ脱毛の注意点とは?詳しく説明します!

男性の中にも脱毛をしたいと思う方はいらっしゃると思われますが、脱毛の際にどのような点に気をつければいいのかを知っている方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、メンズ脱毛の注意点について紹介します。

メンズ脱毛が拒否される理由とは?

そもそもサロンに行っても脱毛ができないということもあり得ることを知っていましたか。この章ではメンズ脱毛を拒否される原因となっている3つの条件について紹介します。

1つ目の条件は健康状態が悪い状態であるということです。ここで言う健康状態が悪いとは、免疫力が弱まっている方や持病を持っている方のことを示しています。持病の具体例としてガンや糖尿病、そして内蔵系の疾患が挙げられるでしょう。

ただでさえ脱毛は皮膚に一時的にストレスを与えてしまうのに、健康状態の悪い方が脱毛をすることで体調がさらに悪化する恐れがあります。そのため健康状態の悪い方はメンズ脱毛を拒否されることがありますが、実際に拒否される可能性自体は低いと言えるでしょう。

2つ目の条件は日焼けをしているということです。なぜなら脱毛の際に用いられるレーザー光線は毛の黒い色素に反応するため、日焼けによって黒くなった肌をも焼いてしまう危険性があるからです。もし火傷を負わなかったとしても普通の肌よりも痛みが増しますし、脱毛効果自体も低下するでしょう。

3つ目の条件は結婚式を間近に控えている方であるということです。人生に1度の記念日に最高の自分を残そうとメンズ脱毛を利用を考える方は多いですが、実は脱毛の際、炎症や火傷のせいで肌荒れをする可能性があります。せっかくの結婚式で新郎が肌荒れを起こしているという状況を防ぐために、サロンは1か月以内に挙式を控えている方の脱毛を断る場合が多いです。

脱毛に向けて準備することとは?

この章では脱毛当日までに準備すべきことを4つ紹介します。

1つ目は事前にお医者さんと相談をして、薬が処方された場合にはしっかりと服用をするということです。経口抗ウイルス薬や経口抗生物質を服用する場合があるでしょう。

2つ目は施術する部位を剃ることです。脱毛をする前日に剃ることをおすすめします。伸びてしまった長い毛はレーザー光線を用いた脱毛ではより痛くなりますし、毛に熱量が奪われることによって効果が出にくくなってしまうでしょう。ここで注意してほしいのが、毛を剃る分には問題ないのですが、毛を抜く行為やワックス脱毛、そして毛に漂白剤を使用する行為は少なくとも2~4週間は控える必要があるということです。

3つ目は肌の保湿をすることです。肌が潤っていると炎症が起きにくくなります。当日は何も塗布しない方がよいですが、あらかじめ保湿を含めたスキンケアを習慣化しておくとよいでしょう。

4つ目は施術当日にはゆったりとした服を着用することです。施術した部位には薬や軟膏を塗ることもあるので、脱毛する箇所を締め付けないだけではなく、薬や軟膏が付着しても問題ないような服を着るようにしましょう。また、顔を脱毛する際にはマスクの持参をおすすめします。なぜなら、赤みが出ているときに紫外線に当たるとシミになってしまうからです。

脱毛の流れについて紹介します!

この章では初めて脱毛をする際の流れを順番に紹介します。

問い合わせ・予約

カウンセリングを行う日時を決めます。脱毛に関する不安や悩みもぜひ教えて下さい。

無料カウンセリング

専門スタッフによるカウンセリングでは、脱毛箇所の希望や肌の状態を見ながらカルテを作成し、お客様にぴったりのプランを提供します。

脱毛施術

まずは個人に合わせたお手入れをするために肌の状態をチェックします。この時、肌の状態だけではなく毛質や毛量もチェックします。次に脱毛部分の消毒とヒアルロン酸配合の脱毛専用ジェルを塗布します。シェービングサービスがある場合、ジェルの塗布の前にシェービングがされるでしょう。冷却されたジェルは痛みや肌へのダメージを抑え、光の乱反射を防ぐことで脱毛効果も高めてくれます。

そしていよいよ脱毛する箇所に専用の機械で照射を行います。その際に光から目を保護するゴーグルを着用します。ヒゲ脱毛であれば20分、全身脱毛であれば2時間ほどで完了するでしょう。脱毛が完了したらジェルを拭き取り冷たいタオルで脱毛した箇所を冷却します。仕上げにアフターケアを行いその日の脱毛は完了です。アフターケア時には保湿や鎮静効果のあるアフタージェルを塗り、脱毛後の肌を優しくケアします。

 

アフターカウンセリング

脱毛を終えて生じた疑問点に答えつつ、お客様に最適なプランの提案をします。
ご納得いただいた上で申し込みを頂いています。

まとめ

今回はメンズ脱毛の注意点を詳しく説明しました。スキンケアなどの肌の保湿を保つ習慣を身に付けることも大切ですが、日焼けや身体の線がはっきりする服の着用のような、肌に刺激を与えるような行動は避けるようにしましょう。

メンズ脱毛を検討中の方必見!おすすめな脱毛部位とは?

女性に比べると男性の方が脱毛をする機会は少ないかと思われますが、実は私たちが思っている以上にメンズ脱毛は身近に存在しています。

しかし、あまり脱毛の話を男性同士でする機会は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、メンズ脱毛を検討中の方に向けておすすめの脱毛部位について紹介します。

メンズ脱毛サロンはどんな人におすすめ?

この章ではメンズ脱毛サロンがどんな人におすすめできるサービスであるかを紹介します。そもそも脱毛をプロに依頼する際、クリニックまたはサロンを活用する方法があります。サロンはクリニックよりも費用がより安い一方で、効果を実感するにはより多くの時間がかかることは知っておくと良いでしょう。ですので、費用を気にする方にはおすすめと言えます。

さらにサロンでは少ない痛みで脱毛が可能であり、美肌ケアも並行して実施してくれ、1回の施術時間を短く抑えられます。痛いのが嫌いな方や肌をきれいにしたい方、そして忙しい方にもおすすめできるサービスとなっています。

メンズ脱毛の人気部位のランキングを発表します

この章ではメンズ脱毛の人気部位をランキング形式で紹介します。

第10位は前腕です。一昔前では男性を象徴するような箇所の毛でありましたが、ワイシャツをまくった時に飛び出る箇所のため、毛深さで悩む人には人気がある部位であると言えるでしょう。

第9位は太ももです。短パン姿の時に露出するので気にする方が多いようです。

第8位はひざ下です。濃い脛毛(すねげ)は女性からの印象が悪くなりがちであり、海に行った際にしっかり露出してしまう箇所なので、気にする場面が多いのかもしれません。

第7位は腹毛です。腹毛は人前で脱ぐ際には嫌でも目に付く部位なので、毛の濃さが気になる部位と言えるでしょう。

第6位は胸毛です。濃い胸毛は相手に不快な印象を与えてしまう部位の代表格と言えるでしょう。

第5位はビキニラインです。ビキニラインとは陰毛が生える範囲かつビキニの水着や下着を着用しても隠せない箇所のことを言います。ビキニラインは処理していることの多い女性だけでなく、男性にも人気のある部位であると言えるでしょう。

第4位は男性器周辺です。感染症や性病になる恐れがあるので、自己処理はせずに専門家に相談しましょう。

第3位は全身脱毛です。毛の濃さに悩んでいる方は全身の毛が満遍なく濃いというケースが多いようです。

第2位はOラインです。Oラインを適切に処理することによってお尻周りの衛生環境を向上させ、お尻からの悪臭やムレを軽減してくれるでしょう。

第1位はヒゲです。メンズ脱毛と言えばヒゲをイメージする方も多いでしょう。
ヒゲは厄介な存在だと考える男性も多いようです。毎日のヒゲ剃りが面倒な方やカミソリ負けする方、そして青ヒゲに悩まされる方など、ヒゲの脱毛を希望する方の理由は様々となっています。

上手なメンズ脱毛サロンの選び方とは

この章では上手なメンズ脱毛サロンの選び方を紹介します。よく知らない分野のお店を選ぶ際に直感で決める方も一定の割合はいると思いますが、せっかくの機会ですので、より確実な方法でお店を決めることをおすすめします。

サロンを選ぶ際には、脱毛方法、脱毛料金、男性専門か否か、そして通いやすさの4つの観点から決めましょう。脱毛の方法には大きく分けて光、レーザー、ニードルの3種類があります。それぞれ費用や効果、痛みの程度や期間が異なるので、自分の目的や予算に合った方法を選んでみてはいかがでしょうか。

価格に関しては、安い順に光、レーザー、ニードルとなっています。以下で具体例を紹介しますので、脱毛の方法を決める際に参考にしてみて下さい。

ヒゲの脱毛を希望している方にはレーザー脱毛がおすすめです。というのも、男性のヒゲは固い毛が密集しており、安価な光による治療では十分な効果が見込めないからです。全身脱毛であれば光による脱毛、ごく少数の毛を脱毛したい場合はニードル脱毛をおすすめします。

脱毛サロンにおける性別構成も重要な指標となるでしょう。女性には見せたくないから男性スタッフに任せたい方もいれば、女性スタッフに脱毛してほしいと考える方もいるでしょう。

最後に通いやすさについて補足します。脱毛は1年以上かけて通うことが多いので、仕事の都合に合わせながらでもムリなく通えるかどうかを前もってチェックしておきましょう。通いやすさを検討する際には、立地だけでなく営業時間や定休日にも気を付けるようにしましょう。特に平日が休みの方は、定休日と休みが重なる恐れがあるので要注意です。

まとめ

今回はメンズ脱毛を検討中の方に向けて、人気の脱毛箇所と脱毛サロンを選ぶ際の注意事項を紹介しました。メンズ脱毛の理由の多くは他人からの視線に起因するので、しっかり脱毛をして周りの人に誇れる自分になりましょう。メンズ脱毛をご希望の方はぜひ当院をご利用下さいませ。

ニキビにお悩みですか?メンズニキビの原因とは?

思春期の頃のニキビとは違い、大人になってからできるニキビは治りづらく痕にもなりやすいので大変厄介です。

しかし、日頃の生活習慣を改善することによってきれいな肌を取り戻せるということはご存知でしたでしょうか。そこで今回は、メンズニキビの原因とその治療方法について詳しく紹介します。

メンズニキビができる原因とは

この章ではメンズニキビができる原因を8つ紹介します。

1つ目はストレスです。ストレスは人間のホルモンバランスを崩し、ニキビや吹き出物が溜まりやすい体質にすることはニキビを減らす上で知っておきましょう。肌荒れが悪化する原因ともなるので要注意です。

2つ目は睡眠不足です。ホルモンバランスの乱れだけでなく、体調不良や肌の生産サイクルの停滞などの悪影響も及ぼすでしょう。ホルモンバランスを整える時間は22~翌2時と言われていますので、その間に睡眠時間を確保しましょう。

3つ目は皮脂や油分をたくさん分泌することです。自分の肌が油っぽいなと感じる方は、洗顔や油取り紙で余計な油分を取り除くようにしましょう。こまめに汗を拭き取ることも重要になるでしょう。

4つ目は脂っこい料理や味付けの濃い料理をよく食べることです。脂肪分が多く含まれる料理には皮脂や油の分泌を促す効果があります。食生活が乱れると、肌荒れの原因になるだけでなく自力で肌荒れを治す力も弱くなってしまいます。食生活を見直すことは大事だと言えるでしょう。

5つ目は髭剃りで肌を傷つけることです。髪を剃った後の肌は非常にデリケートであることはご存知でしたでしょうか。剃る際に肌の表層部分にある角層までを傷つけてしまうと、乾燥や肌荒れの原因となってしまいます。シェービング後に欠かさずに保湿をすることによって防げますので、さぼらずに実践しましょう。

6つ目は入浴や洗顔を怠ることです。男性はメイクをしない方が多いため、顔を洗わずにそのまま寝てしまう日があるかと思われます。しかし、顔に汚れや皮脂を残したまま寝てしまうとそのまま肌にニキビができてしまうでしょう。どんなに疲れていても顔も身体も清潔にしてから寝るようにしましょう。

7つ目はシャワーのみで入浴を終わらせることです。古い角質はメンズニキビの原因となりますが、湯船につからないと血行や代謝が良くならずに、肌の生産サイクルをスムーズに進められなくなってしまいます。湯船につかって肌を循環させましょう。

8つ目は洗顔後のケアをしないことです。男性はスキンケアをする習慣にあまり馴染みのない方が多いでしょうが、洗顔後にスキンケアをしないと肌は乾燥してしまいます。乾燥してしまうと体は余計に油分を分泌してしまうので、洗顔後は化粧水と乳液で保湿をしっかりしましょう。

メンズニキビの予防対策とは

この章ではメンズニキビの予防対策について紹介します。今回は外側からのスキンケアについて詳しく紹介します。前章でも軽く触れましたが、洗顔、化粧水、乳液をそれぞれ使用する必要があります。洗顔には皮脂や汗、外で付着したほこりなどの汚れを洗い流す効果があることは知っておくと良いでしょう。

しかし、肌のバリア機能が破壊されてしむので、洗顔のしすぎは禁物です。朝夜に1回ずつ行うのが理想的です。

化粧水には肌の水分量を増やす効果があることを知っておきましょう。皮膚が乾燥していると、毛穴が細くなり皮脂が溜まりやすいです。肌を修復するサイクルも遅くなることでニキビができやすくなるでしょう。乳液には肌の水分量を保持するはたらきがあります。外部からの紫外線を遮断する役割も持っています。

メンズニキビの治療法を部位別に紹介します

この章では部位別にメンズニキビの治療法を紹介します。あごニキビはとにかく肌を清潔に保つことが大切です。メイクや洗顔料が残っている、またはニキビを隠そうとマスクをすることでも悪化してしまうことが予想されます。

あごは汗腺が少ないので乾燥しやすい部位であることを押さえておきましょう。皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まってニキビができやすいので、しっかりと保湿をしましょう。

額は皮脂分泌量が多くテカりやすいですが、過剰に洗うと逆効果となってしまいます。刺激が少ない洗顔剤を使って優しく洗うようにしましょう。頬は顔の中でも毛穴が少なく乾燥しやすい場所です。乾燥によってもともと小さめの毛穴がさらに小さくなり、毛穴がつまりやすいです。刺激を与えないようにするため、無意識に頬杖をつく癖のある人は意識して改善するようにしましょう。

鼻は顔の中で最も毛穴が多いです。そのため大量の皮脂をエサにアクネ菌が繁殖して炎症になることもしばしばあります。過剰な皮脂を落とすだけでなく、皮脂分泌量を増やさないためにも脂肪分の多い食事は避けましょう。口周りのニキビができたら食事や生活習慣にも注意が必要です。ビタミン類を積極的に摂取しましょう。

まとめ

今回はメンズニキビの原因とその対応策について紹介しました。メンズニキビが気になる方は今回紹介した方法のうち、該当箇所の性質に基づいた対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

メンズのシミ取りをお考えですか?シミの原因について解説します!

老けて見える効果や不潔な印象を与えてしまうので、シミは世の男性が悩む肌トラブルの代表であるといえるでしょう。そんなシミですが、発生する原因を知らない方は意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、シミの原因とその対策方法について紹介します。

メンズのシミの原因とは

この章ではシミの発生する原因についていくつか紹介します。

紫外線

紫外線を浴びてしまうと、肌を傷つける効果のある活性酸素が発生します。活性酸素を発生させる紫外線から肌を守るため、メラノサイトと呼ばれるメラニン生成細胞を生産します。そうして生成されたメラニンは紫外線により発生する活性酸素を消して肌を守ってくれますが、皮肉なことにメラニンに含まれる色素がシミを生み出してしまうのです。通常であればメラニンは垢とともに剥がれ落ちますが、肌の生産サイクルが乱れることによってメラニンが表皮細胞に留まってしまうと色素が沈着してシミとなることを知っておくと良いでしょう。

傷や虫刺され

紫外線に限らず、肌に何らかの有害なダメージが与えられてもメラニンは生成されます。タイトルでは傷や虫刺されと表記していますが、髭剃り、ニキビ跡、やけど、かぶれ、アトピー性皮膚炎といった場合にもメラニンによってシミは発生します。

加齢

40歳頃からでき始めるシミは加齢が原因であることが多いです。表皮の角化細胞の分裂速度が加齢により低下しますが、これが肌の生産のサイクルを乱す要因となります。その結果、表皮細胞に溜まったメラニンがなかなか排出されず、シミが生じるのです。ちなみに、老人性イボとも呼ばれる脂漏性角化症は80歳を超えるとほぼ100パーセントの方に見られることは豆知識として知っておくと良いかもしれません。

遺伝

色白の方に出やすいと言われるそばかすによるシミは遺伝が原因です。正式名称は雀卵斑であり、肌に1~4ミリメートルほどの大きさの茶色い斑点ができます。大体は鼻と左右の頬に現れることが多いですが、肩や首などの紫外線を普段から受けやすい場所にもできることもあります。そばかすは幼少期から現れ始め、思春期に濃さのピークを迎え、加齢とともに薄くなっていくという特徴があることは押さえておくと良いでしょう。

疲れ・ストレス

疲れやストレスにより活性酸素が生じることが知られています。さらに自律神経のバランスの乱れると、メラノサイトを刺激するホルモンが増加し、その結果、メラニンが多く生産されてしまいます。

シミ対策を紹介します

この章では3つのシミ対策の方法を紹介します。1つ目の方法は「隠す」ことです。男性用のファンデーションを使うことによってひとまず目立たないようにできるでしょう。しかしシミ自体の除去はできないので、他のシミ対策と並行して毎日続ける必要があります。

2つ目の方法は「治す」です。ビタミンCやトラネキサム酸などが含まれる内服薬を服用することによって体の内側からシミを薄くしていく方法ですが、治療には数か月単位の時間がかかるでしょう。また肝斑には治療効果が期待できますが、老人性色素班には効果が薄いと言われています。

3つ目の方法は「取る」です。黒い色素にのみ反応するレーザーで治療を行い、シミを除去します。1回の治療で高い治療効果が見込めるでしょう。1回で治療が完了するので、総費用も他の方法と比べても料金に大きな差はありません。

シミ取りレーザーを行う際に必要なアフターケアとは

この章ではシミ取りレーザーを行う際に必要なアフターケアを3つ紹介します。

1つ目は、日焼け対策を徹底することです。レーザーを照射した後は皮膚の表面部分が薄くなるため、紫外線を受けると治療前よりもシミが悪化する可能性があります。ついつい日焼け対策を忘れてしまいがちな方には、片手で簡単にできるスプレータイプの日焼け止めを使用しましょう。

2つ目は、患部をこすらないことです。治療した箇所はつい気になってしまうものですが、触ると色素沈着を起こす可能性があります。というのも、治療後に皮膚表面が薄くなるということは肌がより敏感になっていることを示しているからです。日々のクレンジングや洗顔、メイクなどの手入れ時にも優しく行うよう心掛けましょう。

3つ目は、処方された薬を指示にしたがって使用するということです。クリニックで内服薬や外服薬が処方されたら、必ず指示にしたがって使用しましょう。内服薬を飲み忘れると、炎症性のシミの回復は遅くなってしまうでしょう。また、外用薬を過剰に塗ることも避けなければいけません。使用量を守らないと肌が白く抜ける白斑という現象を引き起こす可能性があります。

まとめ

今回はメンズのシミ取りの仕方とシミの原因について紹介しました。世の中の多くの男性が悩んでいるだけあって、シミ対策自体には多様なアプローチができると言えます。アフターケアには気を配りつつ、ご自分の目的に合った治療方法を検討されてみてはいかがでしょうか。

AGAとはいったい何?メンズのAGA治療について徹底解説!

最近テレビなどでAGAという言葉を耳にする機会が増えていますが、何を示しているのかについてはあまり知られていないのではないでしょうか。実はAGAとは男性特有の症状なのです。そこで今回はメンズのAGAについて詳しく解説します。

AGAとは(AGA診断付き)

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれる、成人男性によく見られる進行性の薄毛のことです。AGAを抱える人は多く、予備軍まで含めると成人男性の実に4分の1がAGAと言われています。AGAになってしまうと、毛が成長する前に抜け落ちて細く短い毛だけが残り、薄毛を進行させます。

AGAの特徴として、頭頂部や前頭部を中心に薄毛が進行していくことが挙げられるでしょう。AGAの厄介な点は自覚することが難しいのにも関わらず、放置するとどんどん進行してしまうため早いうちからの対策が求められる点です。

ここでAGAのチェック診断を紹介しましょう。以下の4つの項目のうちあなたはいくつ該当するでしょうか。

・家系に薄毛の人がいる
・朝起きると、枕元に細くて短い抜け毛が落ちていることがある
・生え際や頭頂部、もしくはその両方が薄くなってきた
・最近周りから毛の薄さを指摘されることが増えた

仮に2つ以上当てはまった方はAGAの可能性が非常に高いです。今すぐにAGAの対策を行いたいという方はこの記事をしっかり読んだ上で、病院へ行って治療してみてはいかがでしょうか。詳しい解説は後の章でします。

AGAの原因について解説します

この章ではAGAの原因について解説します。AGAの原因はDHTと呼ばれる男性ホルモンであると考えられています。このホルモンは頭頂部や前頭部に多く分布しており、毛が生え変わる周期を早めることによって薄毛を進行させます。

通常の場合は2~6年ほどかけて毛球が太く成長し、2週間ほどで完全に退化して3~4か月ほど休止するというサイクルを繰り返していることは押さえておきましょう。

しかしAGAになると成長期の期間が1年未満に減ってしまい、その結果、毛が十分に育つ前に抜け落ちてしまいます。ちなみにDHTはテストステロンという男性ホルモンが還元酵素によって変換させられることで生成されますが、このDHTが生成される要因には食生活やストレス、運動不測なども関係していると言われています。

AGAの治療方法について解説します

前章でも軽く触れましたが、この章ではAGAの治療方法について紹介します。大きく分けて2種類の治療方法があることをご存知でしたでしょうか。その治療法とは、治療薬を服用または塗布する方法と、成長因子を頭皮に直接注入または植毛をする方法です。

治療薬の服用・塗布

この治療方法では発毛や育毛を自発的に促すことを目的としています。代表的な治療薬としてプロペシアという内服薬とミノキシジルという外用薬が挙げられるでしょう。プロペシアに含まれるフィナステリドという成分がAGAを引き起こす原因となるDHTの働きを抑制してくれます。ミノキシジルは頭皮の血行を良くし、毛母細胞に刺激を与えることにより発毛を促す効果のある薬です。

成長因子の注入・植毛

この治療方法では発毛する環境を外部から整えることを目的としています。AGA治療薬や髪の成長を促してくれるような成長因子を頭皮に直接注入し、発毛や育毛を促すメソセラピー療法やHARG療法などの治療方法は、新しいAGA治療法として注目を浴びています。

ちなみに、メソセラピー療法では治療薬の成分にも含まれるプロペシアやミノキシジルなどのAGA改善効果が実証されている成分を頭皮に注入する一方、HARG療法では細胞成長因子を注入します。細胞成長因子はどんな細胞にも変化できる幹細胞から抽出された成分なので、今話題の再生医療の一種であると言えるでしょう。

植毛という観点からAGAを治療する方法もあります。まだ髪の毛がある部分から毛根ごと皮膚を採取し、毛根のない部分に移植する自毛植毛という方法もあります。人工毛を植毛すると、皮膚トラブルが発生しやすいという欠点がありました。

しかし自毛植毛の場合は自分の細胞を移植するので、皮膚トラブルはほとんど起きません。

適切な治療法の選び方

ここまで2つの治療法を紹介しましたが、どちらの治療法がより自分に合っているのかを自分自身で判断するのは難しいかと思われます。ここでおすすめしたいのが、オーダーメイド処方や独自の治療法を行っている、個人の状況に合わせた治療を行ってくれるクリニックへ行き、お医者さんに相談してみるということです。

なぜなら、個人の状況まで把握をしないと薄毛の要因を特定するのはお医者さんでも難しく、それゆえにマニュアルに基づいた画一的な治療はできないからです。

まとめ

今回はAGAについて詳しく解説しました。AGAを早期発見するためには、AGAをすでに抱えているかもしれないと疑う心を持つことが大切です。早期に発見できれば完治する病気なので、自分がAGAを抱えているかもしれないと思ったらすぐに医療機関へ行ってお医者さんに相談をしてみることをおすすめします。