電話受付/10:00~20:00

0742-32-2588

WEBご予約

AGA発毛

男の髪の悩みなら、ピュアのMEN’S発毛  ―薄毛・AGA治療―

社会環境の変化や食生活などの影響により、髪に対する状況が変わってきています。
これまで、AGA(男性型脱毛症)の発症は、30・40~50代の中年以降の男性に多く見受けられていましたが、最近では10~20代の若い男性にも、薄毛や抜け毛の発症例が見られる報告があるなど、若年化する傾向にあります。
AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。「男性型脱毛症」は男性にみられる髪が薄くなる症状です。 ご自宅でのケアだけでは心配なら、一人で悩まずに早目に医療機関に相談することをおすすめいたします。

こんなお悩みはありませんか?

こんなお悩みはありませんか?

  • 額の生え際が後退してきた気がする
  • 頭頂部が薄くなってきた気がする
  • シャンプー後に抜け毛が多くなった
  • 祖父や父親など親戚に薄毛の人がいる
  • 髪の毛にハリやコシがなくなった気がする
  • 思春期から抜け毛や薄毛が進行している
  • 育毛サロンに通ったが効果がない

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA=エージーエーとは、AndroGeneticAlopeciaの略で、男性型脱毛症のこと。
思春期以降の成人男性に発症が多くみられ、毛量が次第に薄くなる症状(脱毛症)や、額の生え際や頭頂部周辺からが徐々に髪が薄くなることが特徴です。「抜け毛が増えた」「薄毛が目立つ」「生え際が後退してきた」といった悩みを持つ男性のほとんどがAGAだといわれています。

AGAの原因

AGAの原因物質とされる悪玉脱毛ホルモンが、「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。
AGAでは、脱毛部分の頭皮にこの「ジヒドロテストステロン(DHT)」が多く確認されていることからも原因の一つであると認められています。
「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、男性ホルモンの一種「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結び付くことで産出され、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう作用があるといわれています。

ヘアサイクルの乱れ

髪の生まれ変わりの周期がヘアサイクルです。
髪はつねに「成長期」「退行期」「休止期」の周期にあり、「成長期」が一番長く、通常2~6年間続きます。
この「成長期」は、通常AGAの男性に多く見られる無毛の状態ではなく、うぶ毛が生えている状態を指します。
AGA(男性型脱毛症)では、ヘアサイクルが乱れることで「成長期」が数か月~1年程度と短くなって髪の毛が十分に成長しません。
「成長期」の期間が短いと、毛髪が成長して太く硬い毛になる前に抜けてしまうため、徐々にボリュームが減って、薄いうぶ毛の状態になってしまい、その影響で地肌が透けて見えてしまう状態になります。
さらに、「成長期」が短いほどヘアサイクルの速度が加速してしまうため、細く短い毛髪の状態で「後退期」「休止期」まで1巡してしまいます。
こうして「退行期」「休止期」に移行した細く短い毛髪の割合が増えてしまい、結果として抜け毛が増加し、見た目の薄毛感とともに症状がどんどん進行してしまいます。

AGAの分類

AGA(男性型脱毛症)のプロセスとして「ハミルトン・ノーウッド分類」があります。主に、薄毛の進行度を判定する指標として用いられています。AGA(男性型脱毛症)はI型からVII型まであり、数字が大きくなるほど薄毛が進行している状態を表しています。

ピュアのMEN’S発毛の特徴

症状とご希望に適した治療をご提案!

症状とご希望に
適した治療をご提案!

ご納得のコストパフォーマンス

ご納得の
コストパフォーマンス

症状とご希望に適した治療をご提案!

当クリニックでは、お客様の症状にあわせて、選択いただける治療をご提案いたします。

プロペシア(フィナステリド)について

プロペシアには男性ホルモンの働きを押さえる作用があり、もともとアメリカで前立腺肥大症の治療薬として使用されていました。これを1997年から男性型の治療薬としてFDAの承認を受け、米メルク社から「プロペシア」という商品名で発売されました。
メルク社によると、治験で2年間の服用により83%の人の脱毛進行が止まったということです。この「プロペシア」は飲む育毛剤として世界38カ国で使われています。
日本においても2004年から万有製薬が処方薬として発売しておりますが、万有製薬の調査によるとプロペシアの服用を続けた98%の人が3年間AGAの進行が認められなかったと結果に出ています。

費用

プロペシア (税込)
1ヶ月分 7,980円

総合発毛治療「ドクターズヘア」とは

今の毛量に満足していますか?

どこの病院・クリニックでもAGAを診ることができる。
答えはNOです。
たしかにTVCMのおかげで「AGA」という言葉が一般に知れ渡るようになり、また病院で治療するものだという認識をお持ちの方も多くなってきています。しかし、処方薬以外のアプローチも行う発毛治療(総合発毛治療)を実践している病院、クリニックはまだ数えるほどしかありません。

フィナステリド(プロペシア)のみの単剤処方は脱毛の進行を抑える【脱毛進行を遅延させる】働きがあると言われていますが、頭髪の状況が改善(発毛)したというデータはほんの数パーセントしかないことをご存知でしょうか。

今やどこの病院、クリニックに行ってもAGA治療にフィナステリドの単剤処方で対応してくれることでしょう。
カウンセリングや経過管理を必要とせず、「今の頭髪状態を現状維持できれば満足」という方には大変有用な治療法です。

しかし、現状維持しているのか、日々の抜け毛を見ていると不安になる方も多いものです。

ドクターズヘアでは、医師による現状維持以上の発毛(毛髪密度増量)を目指した治療を紹介しています。
今の毛量に満足していない方は、ぜひ一度ご相談ください。
総合発毛治療「ドクターズヘア」では、フィナステリドのみの治療は実施せず、メンタル面、生活面などを含めた総合的な発毛治療に取り組むことで、より満足いただける治療を実施しています。

AGA治療法の比較

  ドクターズヘア 一般の頭髪治療 民間のエステ
目的 発毛
(自毛を生やす)
育毛
(今ある毛を育てる)
発毛または育毛
費用 30,000円 7,000円~15,000円 200,000円~1,500,000円
(半年~1年)
検査 血液検査・血圧検査 無し 無し
通院頻度 月1回の来院を推奨 自身の希望によって異なる 月1~2回
費用 結局は安い 結局は高くなる 安い
処方薬ほか フィナステリド・ミノキシジル・サプリメント・オリジナルミスト・オリジナルシャンプー 主にプロペシア錠のみ サロン独自の施術
メリット ・明瞭な発毛効果 ・費用が抑えられる
・育毛が目的なら良
・体験コースを受けられる場合がある
・マッサージが心地よい
・毛穴の汚れがとれる
デメリット ・一般の頭髪治療病院に比べると費用がかかる ・明瞭な発毛効果が期待できない ・医学的根拠がない
・効果に個人差が大きい
・あらかじめコース期間が決められており高額な費用がかかる

早期の治療ほど効果が出やすい、悩むなら、始めてみよう!
ですが市販薬などの対策は限界があります。
その理由は・・・

AGAの原因は一つだけではありません。
多くは複合型のため、単剤だけでは解決しません。

様々な原因が言われていますが・・・
  • 偏った食生活
  • ストレス
  • 運動不足
  • 遺伝
  • 睡眠不足
  • 加齢
  • 不規則な生活

医学的に検証されている最新のAGAの要因をまとめると
大きくこの4つになります

男性
ホルモンの
影響

 
栄養不足
 

 
血行不良
 

成長を
阻害する
頭皮環境

男性
ホルモンの
影響

 
栄養不足
 

 
血行不良
 

成長を
阻害する
頭皮環境

医療機関ではこの要因に対する積極的な治療が可能です。
そして、ドクターズヘアでは、複合的な治療が可能です。

費用

ドクターズヘア(メンズ)(税込)
初診料+血液検査・血圧測定 7,560円
ドクターズヘア発毛セット 32,400円

よくある質問

毛が生えないこともありますか?
もとから毛穴のない所や、脱毛してからあまりにも時間が経っている場合ですと発毛が見込めない可能性はございます。しかし今までご年配の方でも年相応の変化は実感して頂いております。
1回だけでも治療してもらえますか?
可能です。ただし、発毛を実感していただきたいので4ヵ月~半年を目安にして頂く事をお勧めします。
未成年でも発毛治療は受けられますか?
発毛治療で処方される薬において、未成年の方には有効性が認められておりませんので、20歳未満の方への治療は行っておりません。申し訳ございません。
健康保険は使えますか?
頭髪に関する治療は保険適用外となりますので、健康保険は適用されず、自費診療(自由診療)になります。
発毛エステサロンとの違いはなんですか?
ドクターズヘアでは、より安心で確実な発毛治療を行って頂くために、医師の診断と検査に基づきながら治療を行って頂きます。多くのところのエステサロンとしての治療は、薬の処方などは行わずにスカルプケアやマッサージなどを中心に行っております。

ヘアフィラー

ドクターCYJ ヘアフィラーとは

ヘアフィラーは髪の再成長、頭皮の再構築のための革新的なペプチド複合体によって開発され、ペプチド記述の徐放性によりゆっくりと患部にとどまり、発毛効果を発揮する世界で最初の毛髪用注入剤です。
男性・女性問わず、全体に毛髪が少なく薄毛の方に適しています。また毛髪移植後の定着と発毛促進にも優れています。脱毛/髪の再成長のために他の治療やトリートメントと組み合わせることで相乗効果が期待できます。

ヘアフィラーはこんな方におすすめ

ヘアフィラーの発毛効果

2か月で発毛効果を実感、白髪にも効果を発揮!!
ヘアフィラーのペプチドは、毛根の中に放出され、発毛・育毛効果は15日間発揮し続けます。そのため、治療間隔は2週間に1回となります。
効果には個人差がありますが計4回の施術をお勧めしております。

臨床試験では4回の治療で抜け毛が減り、髪の密度と太さが平均20%増えたと報告されています。
ホームケア育毛用品や内服療法、外用療法を併用することにより効果は高くなります。
また発毛を促すだけではなく、白髪防止効果もある、優れたフィラーです。

ヘアフィラーの発毛効果

ヘアフィラーの特徴

ヘアフィラーの特徴

ヘアフィラー療法は、男性・女性共に薄毛治療が可能で、毛包形成や毛乳頭形成などの再生を促進する「ペプチド複合体(ハイブリットペプチド)」が作用して発送を促します。
またストレスなどにより発生した過剰な活性酸素は毛包・毛乳頭の細胞に影響を与え、髪にダメージを与えます。そんな活性酸素を抑制し、ダメージから髪を守ります。

特許取得された7つのハイブリッドペプチド

>特許取得された7つのハイブリッドペプチド

ペプチドとは、2分子以上のアミノ酸が結合したもので、体内には種々のペプチドが存在しており、生命維持に関わっています。
ペアフィラーは7種類のペプチドが含有されていて「毛髪成長関連遺伝子の再生」「毛髪成長関連タンパク質の再生」「脱毛関連遺伝子の抑制」「毛髪細胞死滅の抑制」などが認められています。

7つのハイブリッドペプチド

費用

ヘアフィラー (税込)
1回 75,600円
3回 194,400円(@64,800円)
6回 324,000円(@54,000円)

ハーグ療法毛髪再生治療

薄毛・抜け毛でもう悩まない!最新毛髪再生法「ハーグ療法」導入しました

最近、「髪の分け目が気になる」「髪のボリュームが少なくなった」と気になる方に朗報です。

「痛くない、怖くない、ムダはしない」 結果を出すなら最新医療の毛髪再生!
薄(うす)毛・増毛・AGA対策治療は安心の病院・クリニックで!
 

体験~1ヶ月程度で、新たなしっかりした産毛と太く力強い毛を実感できます。

最近、「髪の分け目が気になる」「髪のボリュームが少なくなった」と気になる方に朗報です。
豊かな髪を取り戻し、髪のおしゃれを思いっきり楽しみましょう!
奈良県下初導入の最新毛髪再生法「ハーグ療法」を導入しました。

医療機関でのみ実施可能!再生医療を応用した薄毛治療

毛髪再生治療「HARG療法」とは、再生医療を応用した最先端の薄毛・禿げ治療です。これは世界各国における共同研究のもと開発された治療法で、すでにヨーロッパや韓国では多数の実績があり、その育毛・増毛効果や安全性が確立されています。この度日本でも初めて、HARG療法による毛髪再生治療が導入されました。

大切なのは「髪の元気な成長期」

髪は毛周期(発生期→成長期→退行期→休止期)のサイクルを繰り返しますが、髪の毛がフサフサの正常な人の成長期には、各種「成長因子」が豊富に産出されます。その事により、成長期が十分に長く維持され、毛が伸び続け、力強い太い毛に元気に成長し続けます。
 

しかし薄毛の人の最大の問題は、成長因子の産出が極端に少なくなることで成長期の期間が極端に短くなり、髪の毛が成長しきれない弱々しい軟毛や産毛が増え、またその状態で抜けてしまうため、やがて髪のボリュームがなくなり、薄毛になるという事なのです。最終的に目で確認できないぐらいの産毛だけになってしまうのは、毛が抜けることだけではなく、髪の成長期が極端に短縮化する事により起こっているのです。
 

HARG療法は、人間のあらゆる細胞の元となる「幹細胞」から抽出した150種類以上もの「成長因子」を含むタンパクAAPEを直接頭皮に注入して発毛機能を蘇らせる再生医療です。
 

HARGカクテルを注入した頭皮は「幹細胞」が強力に刺激されて活性化し、自らが「成長因子」を分泌し続けるため、発毛が継続します。あらゆる薄毛に効果を発揮し、治療が終わっても発毛が続く、薄毛を根本的に「治す」ための治療です。

HARG療法なら治療が終わっても発毛が続く

AGA治療のような脱毛する本数を減らす事で全体の毛量を維持する方法や、育毛メソセラピーにより、頭皮環境を改善して育毛・発毛を促すなどの方法等は治療を止めてしまうと発毛効果も止まります。

毛髪の「成長因子」を生み出す自身の細胞を蘇らせることによって、根本的に薄毛を治すHARG療法は、治療の継続が前提となる他の薄毛治療を受けてきた方も、薄毛を「治す」最後の手段として選んでいる治療です。

薄毛治療
「HARG(ハーグ)療法」とは?

薄毛治療、こんなお悩みはありませんか?

  • 植毛や育毛剤では効果が得られなかった
  • 長期的な治療や施術に疲れた
  • 薄毛治療でもう失敗したくない

HARG療法は「成長因子」を含むタンパクを直接頭皮に注入して発毛機能を蘇らせる再生医療です。
HARGカクテルを注入した頭皮は「幹細胞」が強力に刺激されて活性化し、自らが「成長因子」を分泌し続けるため、発毛が継続します。
年齢や性別を問わず、あらゆる薄毛に効果を発揮し、治療が終わっても発毛が続く、薄毛を根本的に「治す」ための治療がハーグ療法です。

HARG療法の発毛メカニズム

毛髪の休止期に入り活動を停止している部分では、細胞が死滅しているわけでは無いため、髪を生やす機能が失われているわけではありません。
HARG療法では、こうした休止期になっている部分に成長因子を注入する事により、毛母細胞を刺激して細胞の分裂を活性化し、さらに髪に必要な栄養を送り出す部分を刺激することで毛母細胞への栄養供給も活発にします。
 

その結果、コシやツヤのある元気な頭髪の再発毛が行なわれ、根元からしっかりと太い髪が増えることによって全体のボリュームアップが行なわれます。
また、定期的な注入により細胞を刺激し続ける事で毛髪の成長サイクルを正常に戻し、長期的に健康な頭髪を保つ事が可能となります。
HARGの薬剤が休止期の毛母細胞を成長期に導くHRAG治療ではメソカクテルとAAPEを加えたHARGカクテルを投与します。
 

AAPEとは健康な成人女性から採取した脂肪幹細胞を培養した細胞から分泌された、各種の成長因子を含んだタンパクを指します。
この豊富な成長因子は、休止期の毛母細胞を成長期へ導き、成長期の育毛細胞活動を刺激します。AAPEの中には毛包成長期の誘発効果
のあるFGF-7や、毛髪再生をを促進させるVEGFなど150種類を超えるサイトカイン(細胞から分泌されるタンパク質)が含まれています。
 

①成長期段階にある毛髪を誘発させる効果
②増殖毛乳頭細胞とケラチノサイト※の増加
③毛包成長の増加
※「ケラチノサイト」(角化細胞)・・・皮膚の乾燥を防ぎ、潤いを与える働きを持つ
 

AAPEを頭皮に投与することで、上記の1〜3のような作用があります。 基礎実験では脂肪由来幹細胞から分泌された蛋白が、休止期の毛根を増殖期に転換させることが検証されました。
 

つまり、「メソカクテル」と幹細胞から抽出された成長因子を豊富に含むAAPEを混合した「HARGカクテル」は、成長期段階にある毛髪の成長を促進し、髪質を改善させることが出来るのです。

幹細胞由来の「成長因子」が含まれた「HARGカクテル」を注入

150種類以上!の「成長因子」で「髪の元気な成長期」を取り戻す

「足りないものは補えばいい」。HARG療法では、毛髪再生に有効な各種「成長因子」(VEGF,KGF等)を使用します。
 

その数は何と150種類以上!
この成長因子に各種ビタミン製剤などの栄養剤を配合し、毛髪が育つ場所である毛包に補充し、力強く元気に再生させることが最も効果的であり、医療機関でのみ実施可能な毛髪再生療法が実現します。
 

HARG療法で利用される成分(成長因子)は、脂肪幹細胞を培養し、そこから取り出されたたんぱく質を濾過して精製されます。

毛髪再生のために特別に作られたこの成長因子「AAPE」と、毛髪再生に必要な各種ビタミンやたんぱく質、アミノ酸成分などを配合した 「育毛メソヘアーカクテル」をブレンドした「HARGカクテル」を、頭皮の薄毛が気になるところに注入します。
 

成長因子には様々な種類が存在し、人の体の中で様々な役割を担っています。
その成長因子の中でもHARG療法において特に重要な役割を持つのが『KGF』とよばれるもので、毛髪を構成するタンパク質の一種である、ケラチンを作り出す毛母細胞を直接刺激する働きを持つものです。
幹細胞に含まれる多くの成長因子の中でもKGFが多く含まれているため、増毛効果が見込めます。

「発毛」して「抜けない髪にする」これが出来る育毛治療がHARG療法

HARG療法は治療後すぐに薄毛が隠せるようになるわけではないため、植毛やカツラ、人工毛の増毛などに比べると、即効性がないように思われがちです。
 

しかし、生えるかどうかわからない育毛剤や、育毛サービスを半信半疑のまま何年も続けていくことを考えれば、HARG療法の発毛効果が見られるまではそう長くはありません。
 

治療は6回で1クール。三週間から1ヶ月おきの治療ですので、ほとんどの方は半年前後までの間に発毛がはじまり、半年から1年程度で増毛の成果がでています。
※治療回数は目安であり、状態により4〜10回と個人差があります。また、ある程度効果が出てきた後は8週間に1回程度の治療頻度です。

HARG(ハーグ)療法の適応症状

HARG療法では、様々な原因によって起こる薄毛や脱毛症状について、育毛・増毛効果が期待されています。男性の薄毛・禿げのみならず、女性の薄毛の悩みに対しても大変有効な治療法です。

施術方法

1.痛くない 2.怖くない 3.効果がキチンと出るダーマペン

以上を考え、器具で「頭皮をなぞるように」有効成分を浸透させていきますので、痛みは全くありません。
その日のうちに洗髪も出来ますし、整髪料も大丈夫!
日常生活の中で特に「構える」必要もなく、1カ月毎の施術で効果を実感いただけます。

更に高い効果を望む方には、
 

①ナパージュ法
頭皮に塗るタイプの強力な麻酔をした万全の態勢で頭皮下(2~3mm)に直接注入する方法
 

②ダーマペンというフランス製の医療器具を使用。アメリカFDA承認の医療器具です。
自動のローラーを肌表面の上で転がすことで、表皮の角質と真皮に無数の微細な傷を付け、有効成分を浸透させます。
この場合も麻酔を塗れば痛みは気になりません。
何れも3時間たてば洗髪可能です。
カウンセリングでご相談ください。

費用

ハーグ療法毛髪再生治療 (税込)
1回 123,400円
3回 339,400円
6回 617,100円

AGA・薄毛・発毛治療 Bastor®(バストール)

バストール®とは

幹細胞を培養したあとの培養液には様々な成長因子が含まれています。
PRP(自己多血小板血漿)注入療法や、ハーグ療法に用いられるAAPEパウダー(ヒト脂肪由来幹細胞抽出液)、ヒト臍帯血再生因子治療といった、成長因子を用いた再生医療がさまざまな臨床分野で応用されており、美容医療においてもシワの改善や毛髪再生といったアンチエイジング治療(抗加齢医療)のツールとして定着してきました。

バストール®の効果と安全性

バストール®と他の幹細胞培養エキスとの大きな違いは「完全無血清培地」にあります。
バストール(ヒト幹細胞培養エキス)とは幹細胞を培養したあとの培養液のこと。
何百種類もの成長因子が含まれており、抗酸化作用、創傷治癒効果、シワ改善防止効果など美容、毛髪再生に有効とされる因子が含まれています。

通常、細胞培養には「血清(けっせい)」や「アルブミン」といった動物由来原料が栄養分として必要です。これに対し、バストール®では、これらの動物由来原料を、第2原材料までさかのぼって完全に除去した培地を用いて、厳密な安全性規格によるスクリーニングや品質管理の徹底により、高い安全性と効率的な成長因子の抽出が実現されています。(日本国内での製造)

さらに、血清培地との比較では、無血清培地の方がより多くの成長因子が出現することが確認されております。

バストールのさまざまな臨床応用

これまでに、皮膚創傷、アトピー性皮膚炎、骨欠損、関節リウマチ、脊髄損傷、歯周組織再建、心筋梗塞、などさまざまな分野での効果が報告されています。

バストールの美容医療への応用

バストールに含まれる成長因子と期待される主な効果

バストール®は何百種類もの成長因子を含み、抗酸化作用、創傷治癒効果、シワ改善防止効果、毛髪再生といった、美容医療や若返り治療への高い効果が期待できます。

費用

AGA・薄毛・発毛治療バストール(税込)
1回 151,200円
3回 388,800円
6回 712,800円

JAPHIC

医療法人ピュア会はJAPHIC(ジャフィック)メディカルマークを取得しています。

JAPHICメディカル制度は医療・介護・福祉関係事業者を対象とし、個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)に基づき作られた「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」(平成16年10月22日厚生労働省・経済産業省告示第4号)(以下、「医療・介護関係ガイドライン」といいます。)に準拠して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備し運用している事業者が認定されます。
その旨を示すJAPHICメディカルマークが付与され、事業活動に関してJAPHICメディカルマークの使用を認められました。

Copyright (C) 2018 Pure MEN' S clinic. All Rights Reserved.