メンズエステをお考えの方へ!顔のシミをなくしてみませんか?

「顔のシミをなくすためにメンズエステを利用するか迷っている。」「シミの原因やその対策があれば詳しく知りたいな。」自分の顔に自信を持つためにも、シミが目立たないようにしたいですよね。そこで今回は「シミの種類」「シミができる原因」「シミの対策」についてご紹介します。

シミの種類にはどのようなものがあるの?

そもそもシミとはどのようなものでしょうか。シミとは、皮膚の細胞で作られるメラニン色素が沈着してできるものです。そのシミの種類は大きく分けて4つあるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1つ目のシミの種類は、日光黒子(にっこうこくし)と呼ばれるものです。ほとんどの方のシミはこのタイプです。小さい頃から外で活発に遊んでいて紫外線をたくさん浴びている方によく見られます。老人性色素斑とも言います。顔や手、背中、腕などによくできやすいです。

2つ目は、雀卵斑(じゃくらんはん)です。そばかすとも呼ばれています。小さな黒くて丸い点が頬、目の下、鼻の周りにできるものです。遺伝によってできやすいものだとされていて、思春期に目立つようになります。でき始める時期は3歳頃です。自分の家族にも似たようなシミがあるかどうかを確認して判断しましょう。

3つ目は、炎症後色素沈着です。火傷やニキビの後、化粧品によるかぶれなどによってできるタイプのシミです。一部だけ皮膚の色が濃くなっている場合はこのシミだと言えるでしょう。時間が経つにつれて徐々に薄くなっていくのが特徴です。

4つ目は、肝斑(かんぱん)です。このシミは女性の顔にできやすいもので、女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。頬骨に左右対称でできている場合はこのタイプのシミの可能性があります。一般的に、男性にはできにくいと言われていますが、気になる場合は確認してみてください。

シミができる原因とは?

先ほど軽く触れましたが、シミが発生する原因はメラニン色素にあります。実は、皮膚は表皮部分と色素部分の2層構造になっています。その色素部分の細胞が紫外線を受けることによってチロシナーゼという酵素を出し、メラニン色素を発生させています。皮膚の細胞は28日程度で新しい細胞に変わっているため、作られたメラニン色素も本来はなくなるはずです。

しかし、新陳代謝がうまく働かないと、なくなるはずのメラニン色素が肌に残り、そのまま色素部分に定着するのです。これがシミのできるメカニズムです。

他にも、活性酸素によってできているシミもあります。活性酸素とは、体内に侵入してきたウイルスや細菌を退治するためのものです。ストレスや老化によって活性酸素を処理しきれなくなると、健康な細胞まで酸化させます。このような原因でシミができている可能性もあるので、自分はどのような理由でシミができているのかを確認することをおすすめします。

どのように対策すると良いの?

では、具体的にどのような対策が効果的なのでしょうか。大きく分けて3つの方法があるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

紫外線から身を守る

シミ対策でもっとも大切なことの一つとして、紫外線対策が挙げられます。先述したように、シミは紫外線が原因である場合が多いことを知っていただけたと思います。そのため、長く日に当たる場所に出かける場合は日焼け止めを必ず塗りましょう。特に、頬や鼻の頭、おでこは日焼けしやすいです。日焼けしやすいということは、紫外線が当たってダメージを受けやすいということなので、重点的に日焼け止めを塗っておくと良いでしょう。

また、なるべく塗りムラが出ないようにすることを心がけてください。さらに、こまめに塗り直しをして日焼け止めの効果を持続させられるようにすると良いでしょう。日焼け止めは晴れている日や夏の間しか塗らないという方も多いと思いますが、実は、紫外線は季節問わず、また曇りの日でも出ています。そのため、常に塗っておくのがベストです。

食生活を改善する

動物性タンパク質や脂っこい料理の食べ過ぎなどが原因で血流が悪くなっている可能性があります。血の巡りが悪くなると活性酸素を抑えづらくなり、どんどん皮膚を酸化させることになります。そのため、食生活はバランスを意識して、血の巡りを良くするオクラや玉ねぎ、ナスなどの野菜を食べるようにしましょう。

運動をして血流を良くしよう

血流を良くするために、ふくらはぎを使った運動をするのもおすすめです。ふくらはぎは、体の下の方に流れた血液を全身に行き渡らせているため、第二の心臓とも呼ばれています。そのふくらはぎの働きを良くするためには、ランニングやマッサージを行うと良いでしょう。

まとめ

今回は「シミの種類」「シミができる原因」「シミの対策」についてご紹介しました。当クリニックにはレーザーやヒアルロン酸、ピーリングなどの施術ができるプロのスタッフがいます。もしシミをなくしたいのであれば、ぜひ一度当クリニックにお問い合わせください。

メンズエステをご検討中の方へ!肥満な体は危ない?

「少し太ってきたから痩せたいけど、メンズエステでも痩せられるのかな?」「肥満による病気のリスクや太りやすくなる生活習慣について詳しく知りたいな。」このように、肥満についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。実は、メンズエステでも肥満を解消できることを知っている方は少ないと思います。そこで今回は「肥満であることの悪影響」「太りやすい生活習慣」「脂肪溶解注射のメリット」についてご紹介します。

肥満であるとどのような悪影響があるの?

昔と違って、現代はたくさんの美味しい食べ物やカロリーの高い食べ物であふれています。そのため、近年肥満の人がとても多くなってきているのです。肥満は万病の元だと言われることもあるので、実際にどのような悪影響があるのかについて詳しく見ていきましょう。

肥満が原因で病気が発症してしまう?

肥満状態のまま生活していると、様々な病気を発症するリスクがあります。具体的には、高血圧、心筋梗塞、脳卒中などが発症しやすくなります。なぜこれらの病気が発症しやすくなるかというと、肥満状態の方は脂肪の蓄積によって血管の内壁が厚くなったり、動脈が硬くなりやすくなったりするためです。血管に異常が出ることで、血圧が変動しやすくなったり、正常に血液が送れなくなったりするため、大きな病気にかかるかもしれません。そのため、肥満の状態はなるべく早く解消する必要があるでしょう。

太りやすい生活習慣とはどのようなものかを知っておこう

では、肥満状態になるのを予防する、もしくは改善していくためにはどのように生活習慣を改善すれば良いのでしょうか。太りやすい生活習慣について知ることで、どのように改善するべきかを詳しく見ていきましょう。

栄養バランスが崩れている

みなさんは3大栄養素という言葉を聞いたことがありますか。タンパク質、脂質、糖質の3つを合わせたもののことを指します。これらのエネルギーはどれか一つが多すぎても少なすぎてもダメです。身体を作る上で必要な栄養素がしっかりと身体中に行き渡る必要があるため、規定の量をしっかりと摂らなければなりません。多く摂りすぎた脂肪は、皮下脂肪として、急なエネルギーが必要になった時のために蓄積されます。

本来は筋肉を動かすエネルギーになるため、しっかりと消費されるのですが、運動の習慣がなかったり、日中あまり動かなかったりすると消費できません。また、インスリンがたくさん出ると、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。インスリンは糖分によって出やすくなるため、ジャンクフードと一緒に甘いジュースを飲むと、脂肪が蓄積されやすくなってしまうので注意しましょう。

夜遅い時間に食事をとってしまう

実は、夜寝ている間に人間は脂肪を蓄えます。寝ている間は副交感神経が優位になるため、代謝能力が低くなります。その結果、身体がエネルギーを消費せずに蓄えようとするのです。食べてすぐ寝ると太ると言われているのはこのことが原因かもしれません。寝る3時間前までにはなるべく食事を済ませる方が良いでしょう。デザートやアイスなどの糖分を多く含んでいる食べ物はもってのほかです。我慢できないのであればせめて日中に食べるようにしましょう。

日常的にあまり運動をしない

太りやすい方は、日常的に運動をする習慣がない場合が多いです。ランニングがあまり好きではないようでしたら、格闘技を習ってみたり、身体を激しく動かすスポーツを始めてみたりすると良いでしょう。最近は、ボクシングダイエットなども流行っているので、身体を鍛えながら痩せるようにするのもおすすめです。

脂肪溶解注射とはどのようなものなの?

実は、脂肪を簡単に除去できる痩身治療があることをご存知でしょうか。エステサロンやメンズクリニックなどで受けられる「脂肪溶解注射」という施術があります。この施術をすることで、ダイエットや運動を頑張らずとも脂肪を分解して痩せられます。では、具体的にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

脂肪溶解注射のメリットとは?

大きなメリットの1つとして、部分痩せができることが挙げられます。足回りや腕周りはあまり太っていないのに、お腹は出ているという方は多いですよね。
また、その逆の太り方で悩んでいる方や、顔まわりに脂肪が蓄積されて悩んでいるという方もいらっしゃいます。そのような場合でも、脂肪溶解注射をすれば部分的に痩せられます。

もう1つのメリットは、施術時間が短く手軽に痩せられるという点です。治療内容や注射をする部位の多さによって変わりますが、比較的簡単に治療ができます。10分程度で終わることも多いです。そのため、忙しくてあまり時間が取れない方や、簡単に痩せたい方にはぴったりだと言えるでしょう。

まとめ

今回は「肥満であることの悪影響」「太りやすい生活習慣」「脂肪溶解注射のメリット」についてご紹介しました。この記事を参考に、ぜひ当クリニックに訪れてみてくださいね。もし何かわからないことがありましたら、お気軽にご連絡ください。